血液ドロドロの予防

血液がドロドロの状態が続くと動脈硬化の危険がたかまり、その結果、心筋梗塞や脳溢血という生命の危険に直結する重大な病気のひきがねになるため、血液がドロドロかサラサラかが注目されています。また、動脈硬化にまで至っていなくても、ドロドロの血液では体内の老廃物質や疲労物質などを排泄する力が弱まり、肩こりや疲労などの多くの不調をきたしていますし免疫力が下がることで風邪や病気にかかりやすくなってしまいます。クリーンでサラサラの血液が健康を司っているのがわかりますね。

血液のドロドロ化を防ぐにはどうすればよいか、という問題には答えは3つです。食事療法と運動、またはその組み合わせです。ドロドロ血液の原因は血液内の中性脂肪やコレステロールの過剰にありますが、これは食べすぎを控えることで改善されます。脂質を控える、というのが従来の考えでしたが、そうではなくエネルギーのとりすぎ、つまり糖分の摂りすぎを控えることだまず大事です。脂肪はエネルギーが高いですから当然脂肪も控えることにはなります。その上で発酵食品や野菜、海藻、青魚などの血液サラサラ効果のある食物を積極的にとればよいでしょう。

もうひとつは運動です。NHKの某番組によると血液が流れるたびに血管の内壁から血液をサラサラにする成分が出るそうです。ということは血流を増やせばどんどんその良い成分が出ることになります。血流を意識してあげる方法はひとつ、運動ですね。有酸素運動で血流を上げるとサラサラ成分がでてドロドロ血液の予防になります。

 

血液がサラサラになる効果があると言われる食べ物

青魚

血液がサラサラになるという食べ物は数多くありますが、その効果のダントツの一位を誇るのは青魚でしょう。青魚は、背中の皮が青い魚です。青魚がもつ脂肪にDHA,EPAという血液をサラサラにしてくれる成分があるからです。毎日食卓に青魚と納豆があれば脂質異常や動脈硬化の効果は抜群です。とくに青魚の血液サラサラ効果は24時間近く続くそうです。納豆などは半日ほど。この継続時間を利用して寝ている間や仕事中も血液サラサラ効果を維持するよう工夫するとよいでしょう。

ところでサラサラ血液効果一位の青魚とは秋刀魚、イワシ、アジ、サバ、ニシン、などですが、小さいイリコや煮干しもイワシで作られているので青魚です。またオイルサーディンやアンチョビも同様です。アンチョビは発酵してもいますので効果は高いですが、塩分が多いので調味料程度にしか使えませんね。また、ナンプラーや魚醤、ニョクマムなどもイワシを塩漬けして発酵させて出た液体を「だし醤油」として使うものですから青魚の食品です。また、青魚は缶詰になっていても血液サラサラ効果があります。

でも毎日青魚をとるといっても、いくらなんでも飽きてきますね。それに青魚の高い季節もあれば獲れなくてお店に並ばないときもあります。そういうときは青魚の有効成分であるDHAやEPAの入ったサプリメントを利用したら、無理なく毎日摂取することができますね。健康維持は毎日の継続が大事です。

玉ねぎや発酵食品

血液をサラサラに保って健康を維持したい、生活習慣病をさけたい、中年太りやメタボを予防したい、という人は食事に血液がサラサラになる効果があると言われる食べ物をとりいれてください。従来いわれていたように、肉は悪くて野菜がいい、というものでもありませんので、好きなものが食べられないということもなく、簡単に食事は改善できるものです。

たとえば、ニンジン・ブロッコリー・ニラなどの野菜。これらはNHKの某番組の研究によると血液サラサラ効果で有名な玉ネギよりも効果があるそうです。玉ネギももちろん効果があります。玉ネギやネギは切ってから30分程度空気にさらすことでサラサラ成分が増えるため、切ってすぐに水にさらしたらい煮たりせずに放置してからつかってください。これらは効果が高いというだけであって、ほかの野菜や果物全般にサラサラ血液効果があります。果物ではキウイやリンゴが有名です。

更に効果がたかいのは、発酵食品です。納豆やキムチ、ヌカ漬けなど発酵食品は多くあります。もともとサラサラ血液効果のある野菜をキムチやヌカ漬けにしたらより一層効果的ですね。納豆に漬物やキムチを刻んでいれても効率的です。それから甘酒もおすすめです。甘酒は飲む点滴とも言われる栄養ドリンクです、夏は冷やしても美味しいです。甘酒といっても酒粕でつくるものではなくお米と麹でつくる本物の甘酒のことです。市販の甘酒は発酵は止められていますので、自宅で作ると菌が生きたままで、血液サラサラ効果が得られます。

投稿日:

Copyright© 血液サラサラ効果が期待できる成分栄養素&血圧の話題 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.